毛深い人やムダ毛が気になる人の悩みを脱毛で解決

脱毛には様々な種類がある

脱毛と聞くと思い浮かぶイメージは、レーザーを利用しての施術と考える人が多いと思います。しかし、脱毛の施術方法は思いの外多くあります。スタンダードに選ばれるレーザー治療の他に、ニードル脱毛と呼ばれる電気脱毛、専用のワックスで毛根から抜き取るワックス脱毛など、それぞれにメリットデメリットがあります。

レーザー脱毛施術の流れを調べてみよう

予約をしてカウンセリングを受ける

多くのクリニックや脱毛医療院では、患者さんとのカウンセリングを行うために、予約を取ってもらう必要があります。ネットや電話で気軽に予約を取り、当日にカウンセラーと肌の状態などをカウンセリングすることで、施術にかかる時間などを見積もることも出来ます。

テスト照射を行なって痛みなどを確認

本番に入る前に、脱毛レーザーのテストを受けてもらう必要があります。肌の弱い人などは、僅かなレーザーでも痛みを伴い、火傷を負ってしまうこともあります。そのため、テスト照射で状態を確認することで、トラブル防止に繋げながら、傷みの伴わない施術を行うことができます。

テストで納得できたら本照射で施術開始

テスト照射で痛みがない、または痛みが少ないと分かれば、本番は安心して迎えることができます。患者さんが納得できたら、まずは施術を行う箇所を確認します。そこにマーキングを行うことで、施術場所を間違えるなどの人為的ミスを減らすことにも繋がります。

施術完了後は患部を冷やして軟膏を塗る

施術終了後は、レーザーの刺激によって患部が赤くなることがあります。そのため、その箇所を冷やし、痛みがなかったり違和感がないことを確認した後に、軟膏を塗ることで患部の回復と共に外気に触れないように保護を行います。問題がない場合、そのまま帰宅することもできます。

毛周期に合わせて何度か通院

人によって毛の周期が異なってきます。また、一度の施術で毛が生えてこないと断言する事もできませんので、2ヶ月から3ヶ月に1度、通院してもらう必要があります。毛の状態を確認して、レーザー脱毛を続けるか、終了するかを見極めることも大切です。

毛深い人やムダ毛が気になる人の悩みを脱毛で解決

ウーマン

部分的なものから全身まで

脱毛は多くの箇所に適応することができます。全身脱毛を行う人もいれば、腕や脚だけの部分的な脱毛を行う人もいます。そういった患者さんのニーズに合ったプランを立てることで、気軽に脱毛施術を行ってもらうことができます。また、人によっては肌が弱いために一気に脱毛施術を受けることができない場合もあるため、部分的に分けて利用することもあります。

脱毛の際に痛みを伴う理由

レーザー脱毛の痛みは人によって様々です。大阪のクリニックなどでは、痛みをほとんど感じなかった患者さんと痛みを感じた患者さんが半々を占めているような感じです。また、調査してみると患部によって痛みが異なるため、一律に痛みがないとも断言できない状態です。そのため、クリニックなどでは別途料金がかかってしまいますが、麻酔を利用するなどの対策も行われます。

半永久的脱毛には医療脱毛

エステ脱毛で脱毛処理を行うのもいいのですが、美容レーザーでの施術は毛母細胞を焼失させる事ができないため、通院し続けなくてはなりません。しかし、医療用のレーザーになると、高出力のレーザーによって、毛母細胞を焼失させることができるため、半永久的な脱毛が可能となります。また、施術を行うのも医師や医療資格を持っているため、安心して施術を受けられます。

医療脱毛がいいとされる理由

医療脱毛は多くの点でよいとされています。施術を行う機材が医療用器具、機材を使用するのが医師や医師免許を持つ人、万が一にトラブルが合った際その場で迅速に対応が出来るなど、様々な利点が備わっています。また、横浜のクリニックなどでは、医師による診断も行われるため、肌が弱く高出力のレーザーに不安を感じる人でも相談することができます。

脱毛を体験した人達の声を聞こう

脱毛でキレイになれて美に目覚めた

元々あまり美容などに興味がなかったのですが、どうしてもムダ毛処理等に時間がかかってしまい、友達に相談したところ脱毛を進められました。最初はあまり気乗りしなかったのですが、施術を行う度に肌がきれいになっている気持ちになり、そこから美に関心を持つことが出来ました。

肌の露出が気にならなくなった

人よりも毛が多いのがコンプレックスでしたが、脱毛施術を受けたおかげで改善されました。今まではあまり肌が露出しない服を選んでいたのですが、毛を気にする必要がなくなったために、袖のないワンピースとかも手が伸びるようになりました。今度ある友人のパーティーでは、ドレスとかにも挑戦しようかなと前向きになれます。

広告募集中